2018/11/26 22:15

ドイツの“修正された虐殺の歴史”に挑んだ「ちいさな独裁者」監督「人類は何も学んでいない」

ロベルト・シュベンケ監督
ロベルト・シュベンケ監督

 [映画.com ニュース]第2次世界大戦末期に実際に起きた事件を描いた映画「ちいさな独裁者」の特別授業が11月26日、東京・杉並区の都立西高等学校で行われ、メガホンをとったロベルト・シュベンケ監督が出席した。今作を鑑賞した同校の生徒約50人との、約1時間にわたるQ&Aを実施。生徒たちは途切れることなく手を挙げ、映画の内容や歴史修正主義への批判に向き合うハイレベルな質問を投げかけていった。

 「RED レッド」「ダイバージェントNEO」などハリウッドで活躍してきたシュベンケ監督が、ヴィリー・ヘロルトという青年が実際に起こした事件をベースに、「何によって、どのように普通の青年が怪物的な独裁者に変ぼうしていったのか」を描出してみせた。ナチス・ドイツの敗戦が色濃くなってきた1945年、部隊を脱走した青年兵ヘロルトは、捨てられた車両のなかに空軍大尉の軍服を発見する。それを身に着け将校になりすましたヘロルトは、道中で出会う兵士たちを軍服と嘘のよって服従させ、逃走はやがて大量殺りくへとエスカレートしていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >