2018/11/27 10:00

「ムーンライト」監督が紡ぐ愛の物語 「ビール・ストリートの恋人たち」19年2月公開

ブラッド・ピットが製作総指揮を務める (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
ブラッド・ピットが製作総指揮を務める (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 第89回アカデミー賞作品賞ほか3部門を受賞した「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督最新作「If Beale Street Could Talk」が、「ビール・ストリートの恋人たち」の邦題で2019年2月22日から日本公開されることが決定した。お披露目された海外版予告は、愛し合う恋人たちが引き裂かれていく様子をとらえている。

 原作は、作家ジェームズ・ボールドウィンの長編小説「ビール・ストリートに口あらば」。1970年代の米ニューヨーク・ハーレムを舞台に、恋人同士のティッシュとファニーの愛と信念を描く。「ムーンライト」の撮影以前に脚本を執筆していたジェンキンス監督は、「ジェームズ・ボールドウィンは時代の先駆者です。ボールドウィンの中にあるティッシュとファニーの愛の力を映画化することは僕の長年の夢でした」と原作への熱い思いを明かしている。

 カナダの第43回トロント国際映画祭で上映された際には、観客賞部門で「グリーン・ブック(原題)」に次ぐ2位を獲得。圧倒的な映像美と叙情的な音楽に彩られた物語は、「30年に1度の映画体験だ!」(FOX-TV)、「荘厳な愛の賛歌」(SCREEN ANARCHY)と高く評価され、米批評家サイト「Rotten Tomatoes」では94%(11月26日時点)を記録している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >