2018/11/27 12:00

新藤兼人賞「鈴木家の嘘」野尻監督が金賞、「カメ止め」一同がプロデューサー賞受賞

将来性ある新人監督を選出する新藤兼人賞 (C)松竹ブロードキャスティング
将来性ある新人監督を選出する新藤兼人賞 (C)松竹ブロードキャスティング

 [映画.com ニュース]日本映画製作者協会が“将来性ある新人監督”を選出して贈る2018年度「新藤兼人賞」が、このほど決定した。金賞は「鈴木家の嘘」の野尻克己監督、銀賞は「生きてるだけで、愛。」の関根光才監督、プロデューサー賞は「カメラを止めるな!」の市橋浩治氏、上田慎一郎氏、豊島雅郎氏、日本映画製作者協会・特別賞は黒澤満氏が受賞した。

 日本映画界の人材育成を目指す製作者たちによって1996年に設立され、プロデューサーが「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点で選考する新人監督賞。過去には是枝裕和、橋口亮輔、李相日、西川美和、佐々部清、沖田修一、中野量太らが受賞しており、新人監督の登竜門にもなっている。

 23回目を迎える今年の選考対象は、2017年12月から18年11月に劇場公開された新人監督(長編処女作より3作品まで)の長編。作品数は過去最多の185本にのぼり、審査は困難を極めたが、第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品賞にも輝いた「鈴木家の嘘」の野尻監督が金賞、趣里と菅田将暉が共演した「生きてるだけで、愛。」の関根監督が銀賞を射止めた。

 さらに、社会現象とも言える熱狂を巻き起こし続けている「カメラを止めるな!」の製作陣は、世の映画人に刺激を与え、業界を活性化させた点が評価されプロデューサー賞に。「さらば あぶない刑事」「終わった人」などの黒澤氏は、長年にわたり質の高い娯楽映画を創出し続ける功績を称えられ、特別賞が贈られた。

 18年度「新藤兼人賞」授賞式は、12月7日に東京・千代田区の如水会館で行われる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >