2018/11/27 13:00

「カランコエの花」中川駿監督、“カメ止め”がインディーズの道をひらいてくれた

取材に応じた中川駿監督
取材に応じた中川駿監督

 [映画.com ニュース] LGBTをテーマにした39分の短編映画「カランコエの花」が1週間限定公開から全国15館に拡大している。映画は2017年、LGBT映画の祭典「第26回レインボー・リール東京」のグランプリをはじめ、国内13冠を達成。上田慎一郎監督の「カメラを止めるな!」のようにSNSで口コミが広がった。映画学校「ニューシネマワークショップ(NCW)」出身の31歳のフリーディレクター、中川駿監督は「『カメ止め』がインディーズの道をひらいてくれた。僕たちも短編のジャンルで可能性を広げられたら」と話した。(取材・文・撮影/平辻哲也)

 「カランコエの花」はある地方都市の高校で、突然、LGBTの特別授業が行われたことから、高校生たちが「クラスの中にLGBTがいるのではないか」と騒ぎ、動揺が広がる……というストーリー。冒頭の吹奏楽のシーンから引き込まれ、夏休み前の数日間、揺れ動く高校生たちの心情を手持ちカメラで捉える。LGBTの問題を当事者の目線で描くのではなく、周囲の戸惑い、潜在的な差別意識を浮き上がらせた点が秀逸で、“人を愛する気持ち”に違いはあるのかを深く考えさせる。エンドクレジットに涙を流した観客も多い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >