2018/11/28 13:00

アーロン・ソーキン「シカゴ7裁判」を監督 サシャ・バロン・コーエン主演か

アーロン・ソーキン 写真:Shutterstock/アフロ
アーロン・ソーキン 写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ率いるアンブリン・エンタテインメントが製作する新作「The Trial of the Chicago 7(シカゴ7裁判)」で、アーロン・ソーキンが監督を務めることがわかった。

 同作は、1968年8月に米イリノイ州シカゴで行われた民主党全国大会で、ベトナム反戦デモを行い逮捕・起訴された7人、“シカゴ7”をめぐる裁判を描く作品。2008年にソーキンが脚本を執筆し、スピルバーグがメガホンをとる予定だったが、全米脚本家組合のストライキがあり、製作延期となっていた。

 米ハリウッド・レポーターによれば、08年にもキャストとして名前が挙がっていたサシャ・バロン・コーエンが現在、シカゴ7の1人であるアビー・ホフマン役で主演交渉に入っているという。ソーキンが脚本を執筆、マーク・プラットがプロデュースする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >