2018/11/28 20:00

「ローズマリー」「サイコ」…「へレディタリー」監督が名作ホラーとの類似点語る

長編監督デビューを果たした アリ・アスター監督 (C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
長編監督デビューを果たした アリ・アスター監督 (C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

 [映画.com ニュース] 「ムーンライト」「レディ・バード」などを手がけたスタジオ「A24」が製作したホラー映画「ヘレディタリー 継承」でメガホンをとったアリ・アスター監督が撮影を振り返り、ホラーのジャンルを選んだ理由やキャスティングについて語った。

 本作は、家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。主演のトニ・コレットは、インディペンデント映画の最高峰を競う「第28回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード」で女優賞を受賞し、アスター監督自身もブレイクスルー監督賞にノミネートした。

 脚本も手がけた本作で長編デビューを果たしたアスター監督は「今回で10本目の脚本になるんだけれど、これまでの脚本は映画化を実現できなかったんだ。どうにか映画化を実現させたかったけれど、今まで資金調達に苦労してきたから、ホラーにしたら資金集めが簡単になるんじゃないかと思ったんだよ」と、ホラーに興味を持ったきっかけを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >