2018/11/30 08:00

ロビン・ウィリアムズさんの遺志を継ぐ… ガス・バン・サント監督3年ぶり新作は19年5月公開

ホアキン・フェニックスが車イス生活の 風刺漫画家に (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
ホアキン・フェニックスが車イス生活の 風刺漫画家に (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

 [映画.com ニュース] 「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「ミルク」「プロミスト・ランド」などで知られるガス・バン・サント監督の、3年ぶりとなる新作「Don't Worry, He Won't Get Far on Foot」が、「ドント・ウォーリー」の邦題で2019年5月に公開されることが決定した。「her 世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラらが出演している。

 14年に死去したロビン・ウィリアムズさんが、「グッド・ウィル・ハンティング」の公開時(1998)から映画化・主演を構想していたという、風刺漫画家ジョン・キャラハン氏の半生を描く。相談を受け続けていたバン・サント監督が、ウィリアムズさんの遺志を継いで脚本を執筆し、企画から約20年の時を経て完成。フェニックスがキャラハン役を務め、仕草や話し方などを徹底的に研究し撮影に臨んだ。

 米オレゴン州ポートランド。酒びたりの日々を送るキャラハン(フェニックス)は、自動車事故にあい一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し車イス生活を余儀なくされる。自暴自棄な生活はエスカレートしていくが、あることをきっかけに持ち前の皮肉を駆使し、辛辣だがユーモアあふれる風刺漫画を不自由な手で描き始める。そして、人生を築いていくキャラハンのそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >