2018/11/30 16:00

「スター・ウォーズ」最新TVシリーズ、日本のアニメから強い影響

トーラ役を務める声優・佐藤美由希も参加
トーラ役を務める声優・佐藤美由希も参加

 [映画.com ニュース] 千葉・幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンション2018」(通称:東京コミコン2018)で11月30日、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以前の物語を描いた最新テレビシリーズ「スター・ウォーズ レジスタンス」のPRイベントが行われ、エグゼクティブ・プロデューサーのアシーナ・ポルティーヨ、複数のエピソード制作に携わるポリゴン・ピクチュアズのジャック・リアンが出席した。

 銀河帝国の残党から生まれたファースト・オーダーが勢力を拡大する中、未知なる可能性を見出された若きパイロットのカズが、BB-8とともにスパイとして、ファースト・オーダーに潜入する。パイロットの活躍にスポットをあて、スピード感あふれる空中戦が見どころになっている。

 ポルティーヨは「今まで見たことがないアニメーションにしたかった。具体的には、3Dアニメーションで作画しても、見た目は2D。そんなテイストを意識した」といい、「影響を受けたのは、『マクロス』シリーズ、『シドニアの騎士』『山賊の娘ローニャ』といった日本のアニメーションなんです」。スパイものとしてのユーモアも盛り込まれており、リアンは「ルパン三世」の影響も明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >