2018/11/30 20:41

第42回山路ふみ子映画賞 大林宣彦監督が妻・恭子氏を祝福

 [映画.com ニュース] 「第42回山路ふみ子映画賞贈呈式」が11月30日、東京・新橋のヤクルトホールで行われ、がんで闘病中の大林宣彦監督が、映画功労賞を受賞した妻でプロデューサーの大林恭子氏を祝福した。

 同賞は元女優の故山路ふみ子さんが設立した「山路ふみ子文化財団」がその年に優秀な作品や映画人を表彰するもの。映画功労賞を受賞したプロデューサー、大林恭子氏は「数日前に80歳になりましたが、その一歩をこのような形で踏み出せて、うれしいです。人生の大半を大林とともに映画の生活を送ってきました。監督は『これから30本を撮る』と言っていたので、私が先に逝ってしまうのではないか。私の記憶は7歳の時、東京大空襲の焼け野原から始まっています。その時に亡くなられた方々に守られて、生きて、映画でいろんなことを学んできたような気がします」と挨拶した。

 最前列で見守っていた、がんで闘病中の大林監督も壇上にあがり、「嬉しい瞬間を過ごさせていただいております。映画とはプロデューサーが作ってくれるもの。その作ってくれたレールの上を渾身の力で進んでいくだけです」と内助の功に感謝。「映画は過去を変えることはできませんが、未来を変えることができます。それを信じて、若いみなさんは映画を作って欲しい。戦争のない世界を作ってください。それが映画に託す、何よりの願いです」と話すと、満席の客席から盛大な拍手を浴びていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >