2018/12/01 12:00

「ヘレディタリー」はホラーではなく“嫌な家族映画”!? 町山智浩が別アングルから解説

 [映画.com ニュース] 批評家たちから絶賛レビューが相次いだ米ホラー映画「ヘレディタリー 継承」(公開中)のトークイベントが11月30日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、映画評論家の町山智浩氏が出席した。

 家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描く。メガホンをとったアリ・アスター監督にインタビューを行った町山氏は、「監督は『オカルト、ホラーのふりをしているけど、自分としてはそのつもりで作っていない』と言っていた。『家族映画なんだ』と」と切り出し、今作に根底に流れる“血潮”を詳述していった。

 同監督が影響を受けた過去作を引き合いに、「まず、ロバート・レッドフォード監督の『普通の人々』に影響を受けたと言っていました」。ある少年が兄の死をきっかけに、母から責められ続ける姿を描いた作品だが、「主人公は責められながらも、『でもやっぱりお母さんは僕を愛しているはずだ』と、母に抱きついてキスする。ですが母は、気持ち悪いという顔で家を出てしまう。恐ろしい映画です。母親が息子を拒否するというのは、映画でもめったに描かれない。アスター監督はそれにショックを受けて、この映画のなかで彼なりに再現している」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >