2018/12/03 17:00

巨匠ゴダールがいざなう刺激的なアート体験 最新作「イメージの本」19年GW公開

カンヌ国際映画祭の スペシャル・パルムドール受賞作 (C)Casa Azul Films - Ecran Noir Productions - 2018
カンヌ国際映画祭の スペシャル・パルムドール受賞作 (C)Casa Azul Films - Ecran Noir Productions - 2018

 [映画.com ニュース] 仏ヌーベルバーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダールの最新作「THE IMAGE BOOK(英題)」が、「イメージの本」の邦題で2019年のゴールデンウィークに公開されることがわかった。ゴダール監督の枯渇することのない豊富なイメージや音が組み合わされた本作は、第71回カンヌ国際映画祭で特設されたスペシャル・パルムドールを受賞している。

 「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」など数々の傑作で知られるゴダール監督。前作「さらば、愛の言葉よ」では3D映画に挑むなど、12月3日に88歳の誕生日を迎えてもなお、エネルギッシュな姿勢で創作活動に取り組んでいる。

 本作では新たに撮影した映像に、様々な絵画、映画、テキスト、音楽などを巧みにコラージュし、現代の暴力、戦争、不和の世界に対する怒りをこめた5章からなる物語を紡ぐ。ゴダール監督の「私たちに未来を語るのは“アーカイブ”である」という言葉の通り、時代を行き来し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する84分間のアート体験を作り上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >