2018/12/04 05:00

夏帆は“クソ女”!? 左遷された女子アナ役挑戦「きばいやんせ!私」ポスター披露

クソ女のままじゃ終われない! (C)2018「きばいやんせ!私」製作委員会
クソ女のままじゃ終われない! (C)2018「きばいやんせ!私」製作委員会

 [映画.com ニュース] 夏帆が主演し、鹿児島県・南大隅町を舞台にした映画「きばいやんせ!私」が2019年3月9日に全国公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが披露された。“クソ女”と揶揄される女子アナウンサー・貴子(夏帆)が、泥だらけの顔でマイクを握る様子をとらえている。

 不倫騒動で週刊誌に叩かれ、キー局ニュース番組も降板させられ、しかも左遷もされてしまった“コジタカ”こと児島貴子は、圧倒的にやる気を失っていた。そんなとき、自身が幼いころに過ごした南大隅町の“御崎祭り”の取材を命じられる。嫌々ながら町にやってきたが力が入らず、おざなりの仕事を続けていた。ところが、畜産業の橋脇太郎(太賀)や役場の職員、町民らが1300年続く御崎祭りを続け、町を必死に盛り上げようと奮闘していることを知る。そのことを機に、貴子は仕事との向き合い方とは何か、生きるとはどういうことなのかを考え始め、少しずつ活力を取り戻していく。

 「百円の恋」「嘘八百」で知られる名コンビ、監督・武正晴&脚本・足立紳が再タッグを組み、“日本本土最南端”の町を舞台に紡ぐヒューマンコメディ。キャストには夏帆と太賀のほか、岡山天音、眼鏡太郎(「カメラを止めるな!」)、宇野祥平、鶴見辰吾、徳井優、愛華みれ、榎木孝明、伊吹吾郎らが名を連ねている。

 「きばいやんせ!私」は、19年3月9日から東京・有楽町スバル座ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >