2018/12/05 08:00

伊藤健太郎、実写「惡の華」で“絶望の青春”を過ごす 玉城ティナ&秋田汐梨&飯豊まりえと共演

 飯豊が登場するのは、初の映像化となる高校時代編。文学が好きなことをきっかけに、春日と交流を深める常磐文役に挑戦する。「私はこの作品に出会って凄く衝撃を受けました。人それぞれの思春期だったり環境だったりでこの作品は見方が変わるなって思っています。誰しもが本来持っている、内に秘めている部分と普段は見せない部分を思い出させてくれる作品だと思います。この映画を見た人が、それぞれの惡の華を語り合ってくれたらいいなと思っています」とコメントを寄せている。

 「惡の華」は、19年秋全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >