2018/12/05 14:30

アイ・ウェイウェイが難民問題を映した「ヒューマン・フロー」報道写真家、美術館キュレーターが対談

 [映画.com ニュース] 2017年のベネチア国際映画祭で5部門を受賞した映画「ヒューマン・フロー 大地漂流」の試写会イベントが12月3日、都内で行われ、「アイ・ウェイウェイが描く『美術のちから』と『難民の流れ』」と題し、フォトジャーナリストの安田菜津紀氏と森美術館キュレーターの近藤健一氏が対談した。

 中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが、ギリシャのレスボス島を中心に、23カ国を超える40箇所もの難民キャンプを訪れ、取材を敢行。貧困・戦争・気候変動など、様々な理由で増加し続ける難民を何年にも渡って取材し、世界問題となっている難民危機の現状を追う。

 世界各国の貧困、難民問題を取材している安田氏は、アイ・ウェイウェイがイラクを撮影した2016年10月のひと月前に、同地を訪れていたと明かす。「ものすごく分厚い黒煙が空を覆っているシーンがあります、その当時、砲弾の音が聞こえて、それが空気の振動として伝わるくらい前線に近いところだった。ああいう風に油田が燃えていると、熱波がすごいとイメージされるかもしれないけれど、あのあたりは空気がヒヤッと冷たいのです。分厚い煙に覆われて太陽の熱が伝わらない、そういったことを思い出しながらこの作品を見ました」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >