2018/12/08 11:00

マラケシュ映画祭でスコセッシがデ・ニーロに栄誉賞授与 ベルトルッチを追悼

(C)Karim Tibari
(C)Karim Tibari

 [映画.com ニュース]昨年の休止をはさみ、スタッフも新たに今年再開したモロッコのマラケシュ国際映画祭で、ロバート・デ・ニーロに栄誉賞が贈られた。プレゼンターを務めたのはマーティン・スコセッシ。ふたりは来年の公開を控えた、10回目のコラボレーションとなる新作「The Irishman」の撮影を終えたばかりで、公共の場に揃って登場するのは久々となった。

 最初に舞台に上がったスコセッシは、11月26日に他界した旧友、ベルナルド・ベルトルッチ監督に触れ、「彼からはつねにインスパイアされました。このようなアーティストは今までもこれからもいないでしょう」と、追悼の言葉を捧げた。続いてデ・ニーロのことを、「たぶん彼はキャリアのピークにあると思いますが、まるでアトラス山脈の頂上のように彼にはたくさんピークがあり、来年はまた別の頂点にいると思います。わたしの作品で彼は、精神病質者や反社会的人物など、さまざまな病的人間を演じてきましたが(笑)、もっとも素晴らしい点は、彼はキャラクターを断罪しないことです。そしてその類い稀な能力で、どんな恐ろしい役でも観客にある種シンパシーを抱かせること。彼はキャラクターの魂に力強く共鳴し、どんなモンスターの内側にも人間性をもたらすのです」と称えた。またデ・ニーロとの仕事について、「わたしたちは16歳のときからの付き合いですから、お互いとても深く信頼し合っています。セットで話をしていると、周りからはよく役や台本について話し合っているのだろうと思われるのですが、じつはたんにお喋りをしているのです。撮影準備が整うと、わたしは「アクション」と言うだけ。そして彼が演じる。わたしは何もしないですよ! 素晴らしい仕事ぶりで、素晴らしく心を動かされる。わたしの友人で、長年にわたるコラボレーターです」と称賛。デ・ニーロが舞台に現れると、会場は総立ちとなって割れんばかりの拍手が鳴り響いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >