2018/12/09 09:00

“陸の孤島”で暮らす漫画家カップルの行き着く先は…「足りない二人」19年2月21日上映決定

足並みがそろわない2人が選ぶ道とは
足並みがそろわない2人が選ぶ道とは

 [映画.com ニュース] 「親密さ」(濱口竜介監督)の佐藤秋と、「きみはいい子」(呉美保監督)の山口遥が監督&脚本&主演を兼ねた映画「足りない二人」が、2019年2月21日に東京・新宿ピカデリーで上映されることがわかった。北海道の“陸の孤島”を舞台に描かれるのは、30代俳優2人が自らの人生を反映させた痛切なストーリーだ。

 北海道・積丹郡美国町。共同で漫画作家をしている小山内(佐藤)と楓子(山口)の同棲生活は、東京から移住してきて早5年、完全に行き詰まっていた。それぞれ作家デビューから約10年。不甲斐ない日々を変えるべく、小山内は勝負の1本として自分たちをテーマにした物語を描くことを提案する。「2人で描けば、絶対に面白いものなる」と未来に希望を抱く小山内に対して、30歳の誕生日を目前とする楓子は「2人でいるから、うまくいかない」と将来に不安を募らせていく。

 「俳優としての居場所づくり」のために製作された「足りない二人」。佐藤と山口は監督&脚本&主演だけでなく、衣装やスケジュール管理、美術やロケ地交渉など、撮影と録音以外の制作業務もこなし、企画から撮影を終えるまで2年もの歳月を費やしたようだ。さらに「撮影終了してからが大変でした。初めての編集、初めてのプロデュースなどが待ち受けており、劇場での公開決定までにさらに2年がかかりました。結局、企画立案から4年を費やし、5年目となる2019年に新宿ピカデリーにてようやく劇場公開されます」と苦難の道のりだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >