2018/12/10 12:00

チャーリー・カウフマンのNetflix新作、ブリー・ラーソンが主演

ブリー・ラーソン 写真:Shutterstock/アフロ
ブリー・ラーソン 写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] 「マルコヴィッチの穴」「エターナル・サンシャイン」などの作品で知られるチャーリー・カウフマンの新作に、「ルーム」のオスカー女優ブリー・ラーソンが主演することがわかった。

 カウフマンが監督・脚本を務める新作は、作家イアン・リードの2016年のデビュー小説「I'm Thinking of Ending Things(原題)」をNetflixで映画化する企画。

 原作は、青年ジェイクが農場に住む両親に恋人を紹介するため、彼女とロードトリップに出かける。恋人は内心、ジェイクとの別れを決意していたが、ジェイクが予定とは違うルートを進んで立ち往生してしまい、やがて2人は葛藤や恐怖に直面する……というストーリー。米Deadlineによれば、この恋人役をラーソンが演じるようだ。

 新作は、カウフマンがアカデミー賞脚本賞を受賞した「エターナル・サンシャイン」や「脳内ニューヨーク」のプロデューサー、アンソニー・ブレグマンと再タッグを組み共同製作する。

 ラーソンは、マーベル映画として初めて女性ヒーローを主人公にした「キャプテン・マーベル」に主演。同作は19年3月8日から全米公開、3月15日から日本公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >