2018/12/10 15:30

Netflix &「ガール」監督、主人公のヌードめぐる問題合意へ

主人公を演じたビクトール・ポルスター (C)Kris Dewitte
主人公を演じたビクトール・ポルスター (C)Kris Dewitte

 [映画.com ニュース] 今年のカンヌ国際映画祭で大きな注目を集めたベルギー映画「ガール(原題)」の配信をめぐって争っていたNetflixとメガホンをとったルーカス・ドン監督が、和解に達したようだ。

 ドン監督の長編デビュー作となる同作は、男性の体で生まれた15歳の少女が、トランスジェンダーとしてのアイデンティティや思春期特有の悩みと葛藤しながらも、バレリーナになる夢を懸命に追いかける姿を描いた感動のヒューマンドラマ。

 5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭では、ドン監督がカメラドール(新人監督賞)を受賞。さらに主人公の少女ララを熱演したビクトール・ポルスターが、ある視点部門で最優秀俳優賞に輝くなど、批評家から絶賛を浴びた話題作だ。

 しかし、配給権を獲得したNetflixが、撮影当時15歳だったポルスターのフルヌード場面をカットして配信する意向を示したことに対し、ドン監督が母国ベルギーのメディアを通じて不満を爆発させた。しかしこのほど、ドン監督は、米ハリウッド・レポーターに宛てた声明で「問題のシーンが欧州以外の国で受け入れられるか否かについて、Netflixと協議を重ねました。Netflix側からは、彼らが問題視するシーンの削除を含めた再編集を求められましたが、作り手として妥協を許すわけにはいきません。Netflixは、本作をカンヌでプレミア上映した本来のバージョンのまま配信することに合意してくれました」と問題が解決したことを報告した。

 「ガール(原題)」の配信時期については、現時点でまだ決まっていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >