2018/12/10 16:00

実写版「キャッツ」振付に「ハミルトン」アンディ・ブランケンビューラー

アンディ・ブランケンビューラーが振付担当 Photo by Anthony Harvey/Getty Image
アンディ・ブランケンビューラーが振付担当 Photo by Anthony Harvey/Getty Image

 [映画.com ニュース] 大ヒットミュージカル「ハミルトン」や「イン・ザ・ハイツ」「バンドスタンド」でトニー賞振付賞を3度受賞しているダンサー・振付家のアンディ・ブランケンビューラーが、ミュージカル「キャッツ」を実写映画化する新作で、振付を手がけることがわかった。

 ブランケンビューラーは、2016年にブロードウェイで上演された「キャッツ」リバイバル公演でも振付を務めている。

 ミュージカル「キャッツ」は、巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーがノーベル賞作家T・S・エリオット氏の詩をもとに、個性的な猫たちが都会のごみ捨て場で年に1度だけ開く特別な舞踏会を描いた作品。1981年に英ロンドンのウエストエンドで初演、翌年には米ブロードウェイに渡り、18年に及ぶ驚異的なロングラン記録を樹立した。

 実写映画版は、「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞に輝いたトム・フーパーが、ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の米ユニバーサル・ピクチャーズ&英ワーキング・タイトルと再びチームを組む。フーパー監督がリー・ホール(「戦火の馬」)と共同で脚色、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、デブラ・ヘイワードとともにプロデューサーを務めるほか、本家舞台版を手がけたロイド=ウェバーとスティーブン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン(「レ・ミゼラブル」)が製作総指揮にあたる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >