2018/12/10 22:30

横浜流星、今年の漢字は「縁」、「キセキ」から「愛唄」へのつながりに感謝

舞台挨拶に立った横浜流星ら
舞台挨拶に立った横浜流星ら

 [映画.com ニュース] 人気グループ「Greeeen」の楽曲をモチーフにした映画「愛唄 約束のナクヒト」の完成披露上映会が12月10日、東京・丸の内TOEI1で行われ、横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、川村泰祐監督が舞台挨拶に登壇した。

 ヒット曲「キセキ」が生まれるまでを描き、興収14億9000万円のヒットとなった昨年の「キセキ あの日のソビト」に続く、コラボプロジェクトの第2弾。前作でメンバーのナビを演じた主演の横浜は「『キセキ』の方々とまた一緒にできるのは、役者として幸せ。主演というプレッシャーも感じたけれど、監督やスタッフ、キャストに支えられ楽しく過ごすことができた」と振り返った。

 ヒロインを務めた清原は、「脚本を読んで純粋に感動した。とてもピュアな物語で、人生観が変わるくらい大きな影響を受けた」と感慨深げ。ギターの弾き語りに挑戦した飯島は、「考えることがめちゃくちゃ多く、シンプルに大変だった。ギターは2カ月くらいで覚えなきゃいけなかったけれど、その時期があったからこそ全力をぶつけられた」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >