2018/12/11 10:00

ドルフ・ラングレンが明かす、シルベスター・スタローンと再戦を決意した“炎の友情”

 [映画.com ニュース] 「ロッキー」シリーズのスピンオフとして誕生した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編「クリード 炎の宿敵」の会見が、「ロッキー」シリーズのロケ地として知られる米フィラデルフィアで行われ、イワン・ドラゴ役のドルフ・ラングレンが参加。再び同じ役を演じた思い、ロッキー役のシルベスター・スタローンへの信頼を明かした。(取材・小西未来/文・編集部)

 本作は、「ロッキー4 炎の友情」に登場したロッキー(スタローン)のライバル、ドラゴの息子ヴィクター(フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ)、ロッキーの愛弟子アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)に戦いを挑むという筋書きだ。この役を演じるため、ラングレンは33年ぶりに同シリーズに復帰を遂げることとなった。

 「このキャラクターをもう一度演じることになるなんて、考えたことがなかった。そもそも、スライ(スタローン)と再び仕事をすることになるなんて、思ってもいなかったよ。でも、2009年に『エクスペンダブルズ』に出演して、3部作をやるうちに親しくなった。そして、2年ほど前にスライに聞かれたんだ。『ドラゴをもう一度演じたいか?』とね。僕は『わからない』と正直に答えた。でも、脚本を読んだら驚いた。素晴らしい映画だったし、演じ甲斐のあるキャラクターになっていた。なにより、映画ファンにとってなんと素晴らしい贈り物になると思った。だからぜひとも参加させてもらいたいと思ったんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >