2018/12/11 13:45

放送映画協会賞は「女王陛下のお気に入り」が最多14ノミネート

最多14ノミネートを獲得 (C)2018 Twentieth Century Fox
最多14ノミネートを獲得 (C)2018 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] アカデミー賞レースの前しょう戦として注目される放送映画批評家協会(BFCA)主催、第24回クリティック・チョイス・アワードのノミネートが発表され、ヨルゴス・ランティモス監督「女王陛下のお気に入り」が作品賞を含む最多14ノミネートを獲得した。

 本作は米フォックスサーチライト配給、「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」などで知られるギリシャの奇才ランティモス監督による最新作。18世紀初頭のイングランドを舞台に、孤独で気まぐれなアン女王(オリビア・コールマン)を操り、議会を掌握していたレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)と、したたかな従妹アビゲイル(エマ・ストーン)の権力闘争を描いた悲喜劇で、このほど監督、女優3人全員も含めて計14ノミネートとなった。

 ちなみに、昨年同じく最多14ノミネートを獲得したギレルモ・デル・トロ監督、フォックスサーチライト配給の「シェイプ・オブ・ウォーター」は、アカデミー賞で作品賞、監督賞など4部門を受賞しており、「女王陛下のお気に入り」も躍進が期待される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >