2018/12/12 18:30

吉田羊、イ・チャンドン監督と対面に感激「興奮して一睡もできなかった」

イ・チャンドン監督(左)と吉田羊
イ・チャンドン監督(左)と吉田羊

 [映画.com ニュース]村上春樹の短編小説「納屋を焼く」が原作の韓国映画「バーニング 劇場版」の会見が12月12日都内であり、メガホンをとったイ・チャンドン監督が来日、女優の吉田羊が花束をイ監督に花束を渡した。

 イ監督の8年ぶりの新作で、小説の設定はそのままに物語を大幅にアレンジし、現代韓国社会や貧困にある若者の閉塞感も浮き彫りにしたミステリータッチのドラマに仕上げた。

 イ監督の大ファンで、とりわけ「オアシス」を繰り返し鑑賞していると明かした吉田は「昨夜は興奮して一睡もできませんでした」と初対面に感激の面持ち。本作と同じく村上春樹の短編を映画化した吉田の主演作「ハナレイ・ベイ」を鑑賞したというイ監督は「いろいろな姿を持っている女優さん。どんな役柄でもできる感性をお持ちだと思う」と評した。

 イ監督は、NHKからのオファーで村上作品の映像化に取り掛かることになったと経緯を説明。自身が村上春樹の世界を映画化することは難しいと考え、プロデューサーとして参加する予定だったものの、脚本家から「納屋を焼く」を提案され、今作の企画をスタートさせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >