2018/12/12 20:00

C・イーストウッド、新作「運び屋」ワールドプレミアで日本のファンにメッセージ!

本作以降の“監督&主演”にも言及 (C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI)LIMITED, WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
本作以降の“監督&主演”にも言及 (C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI)LIMITED, WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 [映画.com ニュース] クリント・イーストウッドが約10年ぶりに監督・主演を務める「運び屋」のワールドプレミアが12月10日(現地時間)、米ロサンゼルスのリージェンシー・ビレッジシアターで開催。イーストウッドをはじめ、実の娘であるアリソン・イーストウッド、ダイアン・ウィースト、マイケル・ペーニャ、アンディ・ガルシア、タイッサ・ファーミガらが出席した。

 物語のベースとなったのは、2014年6月にニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された「シナロア・カルテルの90歳の運び屋」という1本の記事。この記事をもとに、「グラン・トリノ」でもタッグを組んだ名手ニック・シェンクが脚本を執筆。アール・ストーン(イーストウッド)は金もなく、孤独な老人だった。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、「車の運転さえすればいい」と仕事を持ちかけられる。軽い気持ちで引き受けたが、それがメキシコ麻薬カルテルの“運び屋”だということを知らなかった……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >