2018/12/13 15:00

12月14日オープンの「アップリンク吉祥寺」5スクリーンで展開する“カルチャーのホットスポット”

個性的な内装
個性的な内装

 [映画.com ニュース]12月14日に東京・武蔵野市の吉祥寺パルコ地下2階にオープンする映画館「アップリンク吉祥寺パルコ(通称:アップリンク吉祥寺)」の施設内覧会が12日行われた。

 同劇場は5スクリーン計300席(最大スクリーン98席、最小スクリーン29席予定)を備えるミニシアターのシネコン。渋谷でミニシアターを運営してきたアップリンクが、世界の映画祭での話題作、アート系作品、インディーズ作品などを上映し、吉祥寺の新たな映画文化の拠点を目指す。また、開業に伴い22歳以下のユース会員料金(入会金500円、映画鑑賞料金1000円)が導入されるなど、新たな試みが行われる。

 館内に入ると、障子を組み合わせた赤い壁のカウンター、入り口にはミラーボールが輝き、個性的な照明やネオンサインが券売機を照らす。奥に進むと、パステルピンクの壁やデレク・ジャーマンの「BLUE(1993)」をイメージしたという青い通路に導かれ、スクリーンへの入り口が登場する。スクリーンには、様々なコンセプトに沿った壁紙、椅子、照明が備えられ、それぞれの世界観を作り上げている。オレンジ、ブラック、ブルーの椅子とイーリー・キシモトの壁紙が彩る「POP」、レインボーカラーの7列の座席に青空をイメージした壁の「RAINBOW」、真っ赤な合皮と黒い肘掛けの椅子が赤い照明で照らされ、高級感を漂わせる「RED」。そして、ウッディな壁と座席がしつらえられた「WOOD」、ストライプの椅子にウィリアム・モリスの壁紙「鳥とザクロ」がプライベートな雰囲気を演出する「STRIPE」の計5スクリーンが展開されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >