2018/12/13 16:00

米俳優組合賞テレビ部門「マーベラス・ミセス・メイゼル」「オザークへようこそ」が最多4ノミネート

「マーベラス・ミセス・メイゼル」シーズン1より 写真:Everett Collection/アフロ
「マーベラス・ミセス・メイゼル」シーズン1より 写真:Everett Collection/アフロ

 [映画.com ニュース] 第25回全米俳優組合(SAG)賞のノミネーションが、12月12日(現地時間)に発表された。テレビ部門は、Amazonオリジナルドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」とNetflixオリジナルドラマ「オザークへようこそ」がそれぞれ最多4ノミネートを獲得した。

 「マーベラス・ミセス・メイゼル」は1958年の米ニューヨークを舞台に、アッパーウエストサイドで幸せに暮らしていたひとりの主婦が、ある出来事をきっかけにコメディエンヌの道を突き進んでいく姿を描いた作品。今年のエミー賞でも最多5冠を達成している。

 「オザークへようこそ」は、メキシコの麻薬組織からマネーロンダリングを引き受けていたシカゴのファイナンシャルプランナーがボスの怒りを買い、ミズーリ・オザークに家族と転居して裏家業を続けるストーリー。ジェイソン・ベイトマンが制作総指揮、監督、主演を務めている。

 なお、「女王陛下のお気に入り」で映画部門助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンが、キャリー・ジョージ・フクナガ監督のNetflixオリジナル・ミニシリーズ「マニアック」でテレビ部門主演女優賞にもノミネートされた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >