2018/12/14 04:00

ガイ・リッチーの実写版「アラジン」19年6月公開 名曲をアレンジしたBGM響く特報も

ランプの魔人ジーニー役はウィル・スミス (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ランプの魔人ジーニー役はウィル・スミス (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース]米ウォルト・ディズニー・スタジオの実写映画版「アラジン」が、2019年6月7日に日本で公開されることがわかった。かつてアニメーション版で魔人ジーニーが歌った「フレンド・ライク・ミー」のアレンジ楽曲が響く特報、輝く魔法のランプをとらえたティザーポスターもお披露目された。

 世界興行収入5億ドルを突破した「アラジン(1992)」は、貧しい若者アラジンと自由を求める王女ジャスミンの身分違いのロマンス、3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険を描く物語。「シャーロック・ホームズ」シリーズで知られるガイ・リッチー監督がメガホンをとり、大ヒットアニメーション映画を実写化する。

 コミカルなランプの魔人ジーニー役を務めるのは、「メン・イン・ブラック」シリーズや「スーサイド・スクワッド」など話題作への出演が相次ぐウィル・スミス。そのほか、アラジンをエジプト出身でカナダ育ちの新人メナ・マスード、ジャスミンを英歌手で女優のナオミ・スコットが演じる。

 特報では、今にもジーニーが飛んで来そうな怪しげな夜空を背景に、静かに広がる砂漠を活写。「フレンド・ライク・ミー」をもとにしたBGMが映像を力強く彩っている。なお、本作には名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだ作曲家アラン・メンケンが参加しており、劇中の楽曲にも注目が集まっている。

 「アラジン」は、19年6月7日から全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >