2018/12/14 06:00

堤真一&岡村隆史「決算!忠臣蔵」で赤穂浪士に 関西弁のセリフで仰天秘話描く

 [映画.com ニュース] 俳優の堤真一が中村義洋監督の最新作「決算!忠臣蔵」に主演し、「ナインティナイン」の岡村隆史とタッグを組むことがわかった。くしくも赤穂浪士47人が主君の仇討を果たした12月14日、堤が赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助、岡村がワーキングプアな勘定方・矢頭長助に息吹を注ぎ込むことを、配給・製作の松竹が発表した。

 これまでに映像化だけで300本以上(松竹調べ)が製作され、日本人なら知らない人はいない「忠臣蔵」だが、今作は一味違うテイストで描かれる。原作は、江戸時代研究の第一人者である東京大学教授・山本博文氏の「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)。大石内蔵助が実際に残した決算書を基に討入り計画の実像を記している。この話題作を中村監督が丁寧に紐解き、脚本に落とし込み、今まで見たことのない“本当の忠臣蔵”に迫る。

 「忠臣蔵」は、江戸城・松の廊下で人傷騒ぎを起こし、その責任で切腹させられた赤穂藩君主・浅野内匠頭の仇討をするため、浪士となった47人の藩士たちが立ち上がり、宿敵・吉良上野介に仇討した武士の美談ともいえる物語。映画では、内蔵助がお家断絶を嘆く暇もなく勘定方の長助の力を借り、ひたすらリストラに励むが、幕府への働きかけもむなしく終わってしまう。内蔵助は一向に討入る様子がないが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。そこで発覚したのが、討入りするにも予算が必要で、上限は現在でいうところの8400万円も要するということ。迷っているうちに予算は目減りしていくが、世間の空気的に仇討は必須となる。予算の都合で、チャンスは1回。浪士たちは予算内で仇討を成し遂げられるのか……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >