2018/12/14 11:00

ゴールデングローブ賞にテレビ功労賞新設!初代受賞者はキャロル・バーネット

新設された特別功労賞を受賞した キャロル・バーネット 写真:Rich Fury/Invision/AP/アフロ
新設された特別功労賞を受賞した キャロル・バーネット 写真:Rich Fury/Invision/AP/アフロ

 [映画.com ニュース] 映画とテレビドラマの祭典として知られるゴールデングローブ賞に、新たな特別功労賞が設けられることになった。

 ゴールデングローブ賞には、20世紀前半に活躍した映画監督の名を冠したセシル・B・デミル賞という功労賞が存在するものの、フレッド・アステア(1961)やグレゴリー・ペック(69)、デンゼル・ワシントン(2016)、メリル・ストリープ(17)ら、主に映画界の功労者に贈られてきた経緯がある。

 そんななか同賞を主催するハリウッド外国人記者協会は、ますます興隆するアメリカテレビ界の功労者を称えるため、テレビ業界を対象にした特別功労賞の設立を発表。初代受賞者に選ばれたのは、自身の名を冠したバラエティ番組「ザ・キャロル・バーネット・ショー」で知られるコメディエンヌのキャロル・バーネットだ。また、新設された同賞の名も「キャロル・バーネット賞」となるという。

 バーネットは、1933年米テキサス・サンアントニオ生まれ。ニューヨークでミュージカル劇のレギュラーやテレビ番組のゲスト出演を経て、67年に初の冠番組となる「ザ・キャロル・バーネット・ショー」をスタートさせる。平均視聴者数3000万人の人気番組への出演で、国民的コメディエンヌとなった。番組は11年間の放送期間中にエミー賞25冠に輝き、バーネット自身はゴールデングローブ賞を5回受賞している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >