2018/12/14 13:15

吉本ばなな、「少女時代」チェ・スヨン&「ボイメン」田中俊介の演技を絶賛!

吉本ばななを前に恐縮しきりの チェ・スヨン&田中俊介
吉本ばななを前に恐縮しきりの チェ・スヨン&田中俊介

 [映画.com ニュース] 作家・吉本ばなな氏の小説を日韓共同製作で映画化する「デッドエンドの思い出」の完成披露上映会が12月13日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、主演を務めた「少女時代」のチェ・スヨン、共演した「BOYS AND MEN」の田中俊介、メガホンをとったチェ・ヒョンヨン監督、そして原作者の吉本氏が登壇した。

 新鋭ヒョンヨン監督の長編デビュー作。韓国人女性ユミ(スヨン)は名古屋に住む婚約者テギュに会いにやってくるが、見知らぬ女性と寄り添うテギュを見かけてしまう。混乱するユミがたどり着いたのは、古民家カフェ「エンドポイント」(行き止まり)だった。カフェのオーナー・西山(田中)や個性豊かな常連客との交流で、傷付いたユミの心は少しずつ癒されていく。

 役どころを問われ、スヨンは「映画の中でユミは成長していく役なので、私も一緒に成長できた」とニッコリ。田中は「西山は不思議な力を持った男性。ただ優しいだけじゃなくて、包みこむ温もりを持った方です」と印象を語り、「僕自身はこれまで、誰ともしゃべらない時間を作って過ごすというのが作品との向き合い方だったんですけど。今回は皆さんとコミュニケーションをとって、その空間で生まれた温かさをのせてお芝居をしようと思いました」と、役づくりに変化があったことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >