2018/12/14 20:00

「ヌヌ子の聖★戦」深川栄洋×進藤丈広、吉田凜音&久間田琳加に期待する“蝶のような変化”

企画当初は「女子大生とホームレス の話」だった!?
企画当初は「女子大生とホームレス の話」だった!?

 [映画.com ニュース] “映画を語る”をテーマとしたWEB番組「活弁シネマ倶楽部」の収録が12月10日、東京・浅草九スタで行われ、「ヌヌ子の聖★戦 HARAJUKU STORY」(公開中)の企画・プロデュースを担当した深川栄洋監督、メガホンをとった進藤丈広監督が出演。ライター・石井隼人氏がMCを務めたトークを、映画.comが取材した。

 現役女子高生アーティスト・吉田凜音と、雑誌「Seventeen(セブンティーン)」専属モデルとして活躍する久間田琳加がダブル主演を飾った「ヌヌ子の聖★戦 HARAJUKU STORY」。原宿で大人気の双子コーデタレント「ヌヌ子」として活動している田原葵(吉田)と三好里奈(久間田)が、それぞれの夢や希望、不安や悩みからすれ違いながらも固く結ばれた友情のもと夢を追いかける姿を描いている。

 深川監督の「神様のカルテ」「ガール」のほか、「共喰い」(青山真治監督)、「お嬢さん」(パク・チャヌク監督)などに助監督として参加してきた進藤監督。短編作品「敏感に喜ぶ」の鑑賞をきっかけに、その才能を見出した深川監督は「(進藤監督は)現場ではキャラ立ちする助監督だったんです。僕らが緊張してしまうような俳優さん、例えば柄本明さんが『こいつ、面白いんだよ』と。人の懐に入る器用さを持ち、コショコショとくすぐる――それが『敏感に喜ぶ』の作風にも出ていました」と述懐。脚本開発の初期はタイトル、ルック、内容も全て異なっていたようで、進藤監督いわく「最初書いていたのは、女子大生とホームレスのおじさんの話だった」。しかし、改稿の流れのなかで「一般の観客に受けるのだろうか? 単館映画すぎないか?」と疑問を抱き、大きく舵を切ることになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >