2018/12/15 05:00

山本耕史が“暴れん坊将軍”の若き日を演じる!

京都・太秦の東映京都撮影所で会見
京都・太秦の東映京都撮影所で会見

 [映画.com ニュース] 俳優の山本耕史が紀州藩主時代の若き徳川吉宗を演じるBS朝日「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」(2019年2月8日午後7時~9時54分)の制作が12月15日、明らかになった。

 今年、放送40周年を迎えた松平健主演の「暴れん坊将軍」としてお馴染みである吉宗の若き日の活躍を描く。知られざる史実をモチーフに、“大岡越前”として知られる前の大岡忠相との友情をはじめ、殺陣あり、恋あり、お家騒動を巡るミステリーありという3時間のエンタテインメント時代劇。脚本は、第2回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞・読者賞受賞作「ビッグボーナス」や「相棒」シリーズの脚本を手がける長谷部幕臣王氏。11月に東映京都撮影所のほか、聖護院や大覚寺などでロケし、下旬にクランクアップした。

 山本、渡辺大、渡辺麻友、宮崎美子の主要キャストがこのほど、京都・太秦の東映京都撮影所で会見。21歳の吉宗を演じた山本は「『暴れん坊将軍をやってください』と言われたら、断りました(笑)。今回は将軍になる前の話で、松平さんのものとは全く別物という解釈で、やらせていただいています。21歳という設定は、僕の実際の年(42歳)の半分で、ちょっと恥ずかしかったところがありますが、そこは時代劇のファンタジーです。ときには高潔に、ときには色っぽく、いろんな表情のあるドラマになっているんじゃないかなと思います」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >