2018/12/15 06:00

邦画史上初の試み!斎藤工主演「麻雀放浪記2020」はiPhone20台を駆使して全編撮影

回転寿司の皿の上にiPhone! (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
回転寿司の皿の上にiPhone! (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 [映画.com ニュース] 俳優・斎藤工と白石和彌監督がタッグを組む映画「麻雀放浪記2020」で“邦画史上初”の撮影手法がとられていたことが判明した。その驚がくの手法とは、全編の撮影を常時20台のiPhoneを駆使して行ったというもの。白石監督は「麻雀放浪記の焼け野原から舞台を2020年に移して世界観を一変させるために今回は全編iPhoneで撮影しました。変に肩に力も入らず軽快に撮影出来ただけでなく、この狂った世界を表現するのに最高のガジェットだったと思います」と大満足の様子だ。

 阿佐田哲也氏の累計発行部数250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」を原案とした本作は、新たな世界大戦が勃発し、東京オリンピックが中止になった2020年が舞台。1945年の戦後からタイムスリップしてきた坊や哲(斎藤)は驚きの世界を目の当たりにし、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >