2018/12/17 08:00

柄本佑&瀧内公美が体現する“極限の愛” 白石一文「火口のふたり」実写映画化

脚本家・荒井晴彦の監督3作目 (C)2019「火口のふたり」製作委員会
脚本家・荒井晴彦の監督3作目 (C)2019「火口のふたり」製作委員会

 [映画.com ニュース] 直木賞作家・白石一文氏が男と女の“極限の愛”を紡いだ「火口のふたり」の実写映画化が決定。日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦の監督3作目となり、主演を柄本佑と瀧内公美が務めることがわかった。

 「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で第22回山本周五郎賞、「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞した白石氏。「火口のふたり」は、2011年の東日本大震災をうけて、改めて“生きること”を見つめ直し書き上げたものだ。「『火口のふたり』はあの大震災から時を経ずに一気呵成で書き上げた小説で、私としてはめずらしいほど生命力にあふれた作品だ。人のいのちの光が最も輝く瞬間をどうしても描きたかったのだろう」と説明する白石氏。「映画界の伝説ともいうべき荒井晴彦さんの手で、その光がよりなまなましく、妖しく見る者の心を照らし、身の内に眠っていた“おとこ”や“おんな”が強く喚起されんことを切に願っている」と期待を込めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >