2018/12/17 20:00

【国内映画ランキング】「ドラゴンボール超 ブロリー」が大差つけ首位!

初登場で首位獲得! (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
初登場で首位獲得! (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 [映画.com ニュース]  12月15日~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お正月作品が続々と公開され、4本の新作がランクイン。「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」が、2位以下に大差をつけ初登場で首位を獲得した。

 同作は、鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品。14日から全国467スクリーンで公開され、土日2日間で動員63万9000人、興収8億1300万円を稼ぎ出した。これは2015年4月に公開され、最終興収37.4億円を記録した第19作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」の興収比84.6%の成績。公開3日間では動員82万4205人、興収10億5080万5000円をあげている。ファミリー層を中心に、20代後半から50代の大人のファンはもちろん、小中学生グループの来場も多く見受けられた。これから冬休みに入り年末年始の稼働次第では、前作超えはもちろん、興収50億円以上も期待できる好スタートを切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >