2018/12/18 15:00

フランスで200万人動員のラブストーリー「パリ、嘘つきな恋」19年5月24日公開決定!

「車椅子生活を送っている」とウソを ついてしまって… (C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public
「車椅子生活を送っている」とウソを ついてしまって… (C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

 [映画.com ニュース] フランスで動員200万人超えを記録したラブストーリー「Tout le Monde Debout(原題)」が、「パリ、嘘つきな恋」の邦題で2019年5月24日から日本公開されることが決定した。

 ジョスランは、パリの大手代理店で働くビジネスマン。豪華な家を持ち、赤いポルシェを乗りこなす彼は常に女性からモテていたが、女性に対して求めるのは一時的な関係だけ、という軽薄な男だった。

 ある日、亡くなった母の家に残されていた車椅子に座っていたジョスランは、偶然その場を訪ねて来た美しい女性ジュリーと遭遇し、彼女の気をひくために「自分は車椅子生活を送っている」と思わず嘘をついてしまう。そんな彼の計画も知らずに、ジュリーは姉のフローレンスをジョスランに紹介。フローレンスは事故に遭い車椅子生活を送っているのだが、バイオリニストとして世界を飛び回る傍ら、車椅子テニスプレーヤーとしても活躍する美しく魅力的な女性だった。会うたびにフローレンスにひかれていくジョスランだったが、最初のウソを引きずったまま、本当のことを彼女に伝えられずにいた。

 フランスの人気コメディアン、フランク・デュボスクが監督・脚本のほかジョスラン役で主演を務め、「愛をもって相手を見れば、差異に対する偏見は消える」という思いを込めたという。行動力とユーモア、優しさにあふれたフローレンスを「グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子」のアレクサンドラ・ラミーが演じた。

 「パリ、嘘つきな恋」は19年5月24日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >