2018/12/18 19:00

“ナチスで最も危険な男”を生み出したのは妻!?「ゴーン・ガール」女優の怪演収めた本編映像

「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクが 妻を演じている (C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.
「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクが 妻を演じている (C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

 [映画.com ニュース] 第2次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“ナチス第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公にした「ナチス第三の男」の本編映像が公開された。ハイドリヒを影で操る“恐妻”の存在にフィーチャーした映像になっている。

 本作は、本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化。冷酷極まりない手腕から“金髪の野獣”と呼ばれたハイドリヒが、いかに恐ろしき人物へと変ぼうし、38歳という若さで暗殺されたのかを描く。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のジェイソン・クラークがハイドリヒを演じ、「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクがハイドリヒの妻リナを演じている。

 ハイドリヒはナチス政権の高官として華々しい出世を遂げるが、第2次世界大戦に至るまでの年月とその戦時下において、ヨーロッパの人々に残忍で容赦ない恐怖をもたらした。貴族階級のリナによってナチスのイデオロギーを吹き込まれたハイドリヒは、やがて絶大な権力を手にしていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >