2018/12/19 06:00

ママと会うために“空を飛ぶ”! ディズニー実写版「ダンボ」本予告披露

“空を飛ぶ”才能は意外な方法で開花! (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
“空を飛ぶ”才能は意外な方法で開花! (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーと鬼才ティム・バートン監督がタッグを組み、名作アニメを実写化した「ダンボ」の本予告がお披露目された。愛くるしい瞳と大きな耳を持つ赤ちゃん象“ダンボ”がどのように空を飛ぶのか、そしてその理由が明らかにされている。

 ディズニーが創出したアニメ「ダンボ(1941)」は、あまりにも大きな耳のせいで仲間外れにされたゾウのダンボが、母ジャンボの愛やネズミのティモシーとの友情を通じ、強く成長していく物語を描いた。この名作をベースに、バートン監督がオリジナル脚本を執筆。キャストにはコリン・ファレル、マイケル・キートン、エバ・グリーンら豪華な面々が顔をそろえている。

 戦争から戻ったサーカスの元看板スター・ホルト(ファレル)が世話をすることになった母象ジャンボの子どもとしてサーカス団で生まれたダンボ。予告編では、父ホルトの不在中に母親を病気で亡くした娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子ジョー(フィンリー・ホビンス)に「きみの耳はステキだよ」と可愛がられるうちに“空を飛ぶ”才能に目覚めることに。そのきっかけは、偶然鼻から羽根を吸い込んだこと。ダンボはくしゃみをした勢いで、ふわりと宙に舞い上がってみせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >