2018/12/20 07:00

長久允監督作「ウィーアーリトルゾンビーズ」がベルリン国際映画祭に正式出品

「ジェネレーション部門」に選出! (C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES” FILM PARTNERS
「ジェネレーション部門」に選出! (C)2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES” FILM PARTNERS

 [映画.com ニュース] 長久允(ながひさ・まこと)監督の長編デビュー作「ウィーアーリトルゾンビーズ」が、2019年2月7~17日(現地時間)に開催される第69回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション部門」に正式出品されることが決定。今井正、宮崎駿、黒澤明、今村昌平、園子温ら数多くの監督、俳優が経験してきたベルリンの地――長久監督は「日本映画界の憧れの巨匠の方々がその地を踏んだ、ベルリン。同じ場所に立たせてもらえることだけで感動しております」と胸中を吐露している。

 第33回サンダンス映画祭のショートフィルム部門で日本映画初のグランプリに輝いた短編「そうして私たちはプールに金魚を、」では、その圧倒的なオリジナリティと表現力を“ネオジャパニーズ”と称された長久監督。初の長編では、二宮慶多、中島セナ、水野哲志、奥村門土といった若き才能を物語の中心に据え、“音楽を通じて成長する子どもたち”の姿を描き出している。既に第35回サンダンス映画祭(現地時間19年1月24日~2月3日開催)の「ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門」への正式招待も決まっており、ディレクターのキム・ユタニ氏は「本作を上映しないのはありえないと思った」と絶賛している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >