2018/12/20 10:00

ペニー・マーシャル監督死去 「レナードの朝」「プリティ・リーグ」など

死去したペニー・マーシャル監督
死去したペニー・マーシャル監督

 [映画.com ニュース] 「ビッグ」「レナードの朝」「プリティ・リーグ」などを手がけたペニー・マーシャル監督が死去したと、米バラエティが報じた。享年75歳。

 女優としてキャリアをスタートしたマーシャル監督は、1976~83年に全米放送された人気シチュエーションコメディ「ラバーン&シャーリー」に主演。出演中からいくつかのエピソードの演出を兼任し、ウーピー・ゴールドバーグ主演のアクションコメディ「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」(86)で映画監督デビューを飾る。

 トム・ハンクスを主役に迎えた監督第2作「ビッグ」(88)は、世界累計興行収入1億5000万ドルを達成。興行成績で1億ドルを超えた作品を手がけた、初めての女性監督となる。

 次作はロビン・ウィリアムズとロバート・デ・ニーロが共演した「レナードの朝」(90)で、アカデミー賞3部門にノミネート。女性監督の映画作品が同賞作品賞にノミネートされるのは、史上2度目の快挙だった。ハンクスと再びタッグを組んだ「プリティ・リーグ」(92)も1億3200万ドルのヒットとなった。

 なお、兄は「プリティ・ウーマン」や「プリティ・プリンセス」のゲイリー・マーシャル監督で、2016年に他界している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >