2018/12/21 08:00

日露戦争時代のロミオとジュリエット 阿部純子主演「ソローキンの見た桜」特報完成

イッセー尾形が強烈な個性を放つ収容所の所長役に
イッセー尾形が強烈な個性を放つ収容所の所長役に

 [映画.com ニュース] 阿部純子が主演する日露合作映画「ソローキンの見た桜」の場面写真と特報映像が初披露された。描出されているのは、キャッチコピーになっている“日露戦争時代のロミオとジュリエット”。戦争に翻ろうされた男女の壮大な愛の物語が映し出されている。

 第1回日本放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマ「松山ロシア人捕虜収容所外伝 ソローキンの見た桜」を実写化。ロサンゼルスシネマフェスティバル・オブ・ハリウッドで3冠を達成したSF作品「レミニセンティア」の井上雅貴監督がメガホンをとり、「孤狼の血」「海を駆ける」の阿部が、ヒロインのゆい、駆け出しTVディレクターとして現代を生きる桜子の2役に挑戦。イッセー尾形が収容所の所長・河野役、斎藤工が桜子の先輩ディレクター・倉田役として出演している

 日露戦争時代、日本にはロシア兵捕虜収容所が数多く設置され、なかでも愛媛県松山市には国内初の収容所が設けられた。本作は同地で運命的に出会ってしまった日本人看護師ゆいとロシア将校・ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の2人を軸にしたストーリーが展開。公開された場面写真は、ゆいとソローキンが寄り添う光景、河野が日本兵とロシア兵の争いを制するシーンを切りとっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >