2018/12/21 11:00

「アリー」で大躍進!“監督”ブラッドリー・クーパーを作った映画たち

監督としての“信条”も教えてくれた
監督としての“信条”も教えてくれた

 [映画.com ニュース] 2019年に行われる第91回アカデミー賞の目玉作品のひとつとして注目を浴びている「アリー スター誕生」(公開中)。長編映画初監督のブラッドリー・クーパーと、本格主演は初となる歌姫レディー・ガガという組み合わせながら世界中の批評家と観客から絶賛を浴び、ゴールデングローブ賞で5部門候補、全米俳優組合賞で最多4ノミネートなど旋風を巻き起こしている。

 そんななか、本作で監督・主演を務めたクーパーが来日。最高の形で監督としての初陣を飾ったクーパーは、俳優からどのようにして“映画監督”になったのか? そして、本作の躍進の秘密はどこにあるのか。詳しく話を聞いた。

 歌手を夢見るアリー(ガガ)が、世界的歌手ジャクソン(クーパー)と運命の出会いを果たし、“スター”として成熟していくさまを圧巻のライブシーンと共に描いた本作。だがドラマ部分に目を向けると、非常に“締まった”演出が印象的だ。初メガホンながら、すでに大御所監督のような風格を漂わせているクーパーの演出術は、どうやって構築されたものなのか。お気に入りの監督を挙げながら、自己分析してもらった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >