2018/12/21 12:00

コムアイが渋谷の夜に上映したかったのは“世紀末のおもちゃ箱”!

上映イベントに出席したコムアイ
上映イベントに出席したコムアイ

 [映画.com ニュース] 音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイが12月20日、東京・渋谷のhotel koe tokyoで行われた映画上映イベント「cinema koe(シネマ・コエ)」(第1弾)に出席。MCを務めた山田由梨(劇団「贅沢貧乏」主宰)とトークを繰り広げた。

 「cinema koe」は、“あたらしい映画体験”をつくりだすシアタープロデュースチーム「Do it Theater」と、ライフスタイルブランド「koe(コエ)」が2月にオープンした渋谷の注目スポット「hotel koe tokyo」のコラボイベント。ゲストがセレクトした“いま渋谷で見るべき映画”を上映する。映画のタイトルを当日会場で発表するスニーク上映スタイル――コムアイがチョイスしたのは、実相寺昭雄監督が1988年に発表し、漫画家・手塚治虫が“世紀末のおもちゃ箱”と評した「帝都物語」だった。

 「日光で同じ様に映画を選ぶ機会があったんです。その時に権利関係でどうしても上映できなくて悔しい思いをしていた」と“念願”のチョイスだったことを明かしたコムアイ。「SFというとヨーロッパ、アメリカの作品を思い浮かべることが多いと思います。たまに日本のSFとはどうあるべきなのかと考えることがあるんです」と振り返り、コンセプチャル・デザイナーとして「エイリアン」のH・R・ギーガーが参加している点もプッシュする。そして「魔人・加藤をはじめとした強烈なキャラクターの気持ちが自分に乗り移る。普段表に出ていない悪い側面、怖い側面が出てくるのを感じて楽しんでほしい」とアピールしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >