2018/12/21 14:00

サラ・ドライバーが語るバスキアの思い出とジム・ジャームッシュとのエピソード

(C)2017 Hells Kitten Productions, LLC. All rights reserved. LICENSED by The Match Factory 2018 ALL RIGHTS RESERVED Licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Photo by Bobby Grossman
(C)2017 Hells Kitten Productions, LLC. All rights reserved. LICENSED by The Match Factory 2018 ALL RIGHTS RESERVED Licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Photo by Bobby Grossman

 [映画.com ニュース]20世紀を代表するアーティストのひとりとなったジャン=ミシェル・バスキアの没後30年を記念し製作されたドキュメンタリー「バスキア、10代最後のとき」が12月22日公開する。バスキアと同じ時代をNYで過ごし、ジム・ジャームッシュ監督のバートナーとしても知られるサラ・ドライバー監督が作品を語った。

--今回バスキアについてのドキュメンタリーを作った理由と、バスキアが有名になる前の10代の頃に焦点を当てた理由を教えてください。

 「ハリケーンが2012年にNYを襲ったときのことです。79~80年、(バスキアの恋人だった)アレクシス・アドラーはバスキアと暮らしていて、彼女の寝室やバスルームや冷蔵庫のドアにバスキアが描いた絵がそのまま残っていました。彼女はとても凝縮された時間を彼と過ごしたのです。後に彼女は2人の子供を育て、バスキアの作品を銀行の貸金庫に入れていました。ハリケーンの洪水があって、パニックに陥った彼女は銀行へ走ったのです。そこにバスキアの60点の作品、1冊のノート、彼女が撮った150点余りの写真が見つかりました。私は彼女の部屋でそれらを見せてもらって話を聞いたわけです。もしかしたらバスキアという、ひとりのアーティストの人生を物語るウィンドウとして機能するのではないか、その時代、またはNYという街を体現するひとつのウィンドウとなるではないかと思って、この映画の着想を得ました。そして、ニューヨークという街で、みんながみんなでお互いに影響をし合いながら、作り上げていった環境がそこにすべてあった気がしたのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >