2018/12/22 16:04

「キングダム」実写化の背景に「タイタニック」手がけた“超大物スポンサー”の存在

原作・原泰久氏(左)と松橋真三プロデューサー
原作・原泰久氏(左)と松橋真三プロデューサー

 [映画.com ニュース] 山崎賢人主演の実写版「キングダム」のトークイベントが12月22日、千葉・幕張メッセで開催中のジャンプフェスタ内で行われ、原作者の原泰久氏とプロデューサーの松橋真三氏が出席。製作の背景には、費用面を支えた“超大物スポンサー”の存在があることが明かされた。

 コミックスの累計発行部数は3600万部を突破した大人気漫画を実写化。中国大陸で500年以上も動乱が続いた春秋戦国時代(紀元前770~221年)の史実をベースに、奴隷のように虐げられた少年・信(山崎)が天下一の大将軍になろうと奮戦する姿を描く。

 企画の始まりは2015年ごろだが、松橋氏は「『キングダム』は誰でもやりたい素晴らしい企画ですが、作るとなったらものすごい製作費がかかる。おいそれとは企画を持っていけない」と、やはり製作費がネックになっていたと語る。しかし、「タイタニック」を手がけた大物サンフォード・パニッチ氏(ソニー・コロンビア・ピクチャーズ代表)の存在が転機になった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >