2018/12/25 17:00

「ヘレディタリー」絶叫上映、まさかの“失敗”?その理由は……

静かに泣き出す観客もいた (C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
静かに泣き出す観客もいた (C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

 [映画.com ニュース]米ホラー映画「ヘレディタリー 継承」(公開中)の絶叫上映が12月21日、都内で開催。“絶叫・悲鳴OK”というルールで上映が行われたものの、観客が恐怖で声を出せなくなってしまうという不測の事態に陥った。

 本作は、祖母エレンの死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描く。「シックス・センス」「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレットがエレンの娘アニーを演じ、インディペンデント映画の最高峰を競う「第28回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード」で女優賞を受賞。放送映画批評家協会(BFCA)が主催する第24回クリティック・チョイス・アワードでも主演女優賞にノミネートした。

 絶叫上映は、これまで数々の絶叫・応援上映を手がけてきた団体「V8JAPAN」のメンバーが本作に登場するチャーリー(ミリー・シャピロ)とピーター(アレックス・ウルフ)に扮し、開映前に前説を行ってからスタート。ラスト付近の怒涛の展開こそ大きな叫び声が上がったが、それ以外は静かに泣き出してしまう人、口を手で押さえて怖がる人、小声で「やばい……」とつぶやく人など、悲鳴以外のリアクションが見られた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >