2018/12/26 08:00

斎藤工主演「麻雀放浪記2020」に“ドサ健”的場浩司&“出目徳”小松政夫が参戦!

女衒の達を演じた堀内正美 (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
女衒の達を演じた堀内正美 (C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 [映画.com ニュース] 俳優・斎藤工と白石和彌監督がタッグを組む映画「麻雀放浪記2020」の追加キャストが発表され、的場浩司、小松政夫、堀内正美が出演していることがわかった。的場らが演じるのは、阿佐田哲也氏の原案小説「麻雀放浪記」にも登場した重要人物たち。的場はドサ健、小松は出目徳、堀内は女衒の達に扮する。

 物語の舞台は、新たな世界大戦が勃発し、東京オリンピックが中止になった2020年。1945年の戦後からタイムスリップしてきた坊や哲(斎藤)は驚きの世界を目の当たりにし、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

 イラストレーターの和田誠が初監督した映画「麻雀放浪記」(1984)では、鹿賀丈史が演じたドサ健。的場は同役を演じるにあたり「リアルな雀士」であることを強く意識したようだ。「プライベートで使った事がない竹牌を常に持ち歩き、手に馴染ませるよう努めました。自分なりの『ドサ健』を創れたのではないかと思います。今の雀荘だと怒られちゃうかもしれませんが、映画を見た方が麻雀をする時に『ドサ健』の打ち方になってくれたら嬉しいです」と振り返り、「白石監督と初めて出会ったのは、白石監督がまだ助監督の時代。そこから月日を経て、少しでも監督に『初めて会った頃より成長したな』と思ってもらえたら嬉しいです。この作品に出演させて頂きとても貴重な時間を過ごさせて頂きました」と思いの丈を述べている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >