2018/12/26 19:00

「バード・ボックス」“目隠し”演技がリアルな理由は?サンドラ・ブロックが明かす

幼い命を守ろうとする母親を熱演
幼い命を守ろうとする母親を熱演

 [映画.com ニュース] 未曾有の異変に襲われた世界を舞台に、幼い子どもを守ろうとする母親の決死の姿を描くNetflixオリジナル映画「バード・ボックス」(配信中)。本作に主演するオスカー女優サンドラ・ブロックが、自身の変化が役柄にも影響したことや、さらに本作での役作りについても語った。

 「メッセージ」やハリウッド実写版「君の名は。」の脚本を担当することでも話題のエリック・ハイセラーが脚本を手がけ、「未来を生きる君たちへ」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したスサンネ・ビアが監督を務める。正体不明の“それ”に突き動かされた人々が続々と命を絶ち、人口が激減した世界を生き延びてきた母親が、子どもを連れて安住の地を目指す。

 ブロックは、初めて本作の脚本を読んだ際には「とても興味深いアイデアだったけれど、当時はこれをやらなくちゃという風には感じなかった」と告白。しかし、「それからだいぶ経って、2年くらい前にまた読んだのよ。そしたら、全く違う映画のように感じられた。もしかしたら、ストーリーに共感をするには、私にもっと人生経験が必要だったのかもしれないわ。たぶん、その経験というのは、私が子どもを持つことだったのよ。最初読んだときには、まだ子どもはいなかったの」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >