2018/12/27 10:00

イ・ビョンホン、街でのチラシ配りで気づかれず!?「それだけが、僕の世界」日本の観客へメッセージ

明日日本公開の新作を語ったイ・ビョンホン (c)Yeong Jun Kim
明日日本公開の新作を語ったイ・ビョンホン (c)Yeong Jun Kim

 [映画.com ニュース]イ・ビョンホン主演の映画「それだけが、僕の世界」が12月28日公開する。落ちぶれた元プロボクサーの兄と天才的なピアノの腕を持つサバン症候群の弟が織り成す兄弟の絆を描いたヒューマンドラマ。公開を前に、イ・ビョンホンが撮影を語り、日本の観客にメッセージを寄せた。

 母に捨てられ、己の拳だけを信じ孤独に生きてきた元プロボクサーを演じる。「この作品は、ユーモアと涙が同時にある映画ですが、全体的な情緒は“寂しさ”だと私は思います。その寂しさという情緒が私にとってはこの映画の出演を決めた最も大きな理由だと思います」と本作の持つトーン惹かれたことが出演の決め手だった。

 役作りについては、「ジョハは、幼い頃にとても大きな不幸を経験して孤独に生きてきたというバックグラウンドがあったとしても、表常に情が暗いとか、可哀そうな人には見せたくありませんでした。なぜなら、そんな自分を不幸だとか可哀そうだとか思う余裕さえジョハにはないのです。だからどこか子どものようですし、笑える面もあります。そして、むしろ幸せな瞬間がやってきた時に、母親や弟と幸せな時間を迎えることで『あぁ、これまで俺はこれまで不幸だったんだな』と思うことになるわけです。そうした感じを考えながら演技をしたように思います」と、ジョハの境遇を理解し、コミカルな面を押し出した理由を語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >