2018/12/28 12:00

映画.comが目撃した、2018年の舞台挨拶での“美しき涙”

涙をぬぐう岩田剛典
涙をぬぐう岩田剛典

 [映画.com ニュース] 2018年の日本映画界、実にさまざまな“事件”が起こった。これまで数多くの作品に出演してきた名優たちの逝去、製作費300万円の「カメラを止めるな!」が興行収入30億円を突破する大ヒット、「クイーン」のフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ「ボヘミアン・ラプソディ」の社会現象といっても過言ではないムーブメントは記憶に新しい。そして、封切り初日に行われる舞台挨拶、完成披露試写会などでは、人気の俳優や女優が撮影時に思いを巡らせ、サプライズで読み上げられた予期せぬ手紙に、思わず涙を流す光景が多く見られた。映画.comでは、取材で目撃した“美しき涙”を通して、1年を振り返る。

 新年早々の1月9日に涙をこぼしたのは、「未成年だけどコドモじゃない」の大ヒット御礼舞台挨拶に立った平祐奈。晴れ着姿で登壇したが、作品への“愛”を語るうち目を真っ赤にしながらも、懸命に客席へ思いを伝えた。続いて1月27日、阿部寛が主演する「新参者」シリーズの完結編「祈りの幕が下りる時」の初日舞台挨拶では、溝端淳平が阿部への8年越しの感謝の気持ちを涙ながらに伝えれば、感極まった田中麗奈がもらい泣きするひと幕も見られた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >